トップ > 朝の1分間マネジメント > 進捗管理会議では何を議論するのか
朝の1分間マネジメントイメージ

本文

進捗管理会議では何を議論するのか

今回は会議(進捗管理)の内容についてお伝えします。

何度も解説しましたが、

  • 業績指標
  • プロセス
  • アクションプラン

の3つの進捗管理が必要です。

厳密に分けることは難しいと思いますが、部門会議・課内会議・日常のOJTと分類すると下記のイメージなると思います。

部門会議では、(1)と(2)の進捗管理が必要だと思います。(1)の結果報告のみに終わっている会社が多いと思います。(2)のプロセス(課題)の進捗も終えるといいですね!

課内会議では、(2)がメインになります。課題の進捗状況を一人ひとり丁寧に追っていくことが大事です。このときは、育成課題をからめて議論を進めてもいいですね。

日常のOJTでは、(3)がメインになります。その都度気づいた時・業務遂行時に、OJTすることがポイントです。まずは、うまく行っていることに褒める・認めることが大事です。そのあとにうまく行っていないことをサポートします。

そうすると、会議・OJTが仕事と人材育成に大きく役立ってくると思います。
(3)⇒(2)⇒(1)+動機づけで変革=仕事の変化がもたらされるのです。

人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロード!

朝の1分間マネジメントシートの無料ダウンロードはこちら 人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロードできます。(グローセンパートナー企業サイトへ遷移します)

お問い合わせ

グローセンパートナーへの電話でのお問い合わせは03-6215-8717(平日9〜18時まで)グローセンパートナーへのウェブサイトからのお問い合わせはこちら
社内研修支援サービス