トップ > 朝の1分間マネジメント > 組織を変革するために(事例編)
朝の1分間マネジメントイメージ

本文

組織を変革するために(事例編)

前回に続いて、マッキンゼーの7モデルの話をします。
今回は、旭化成ホームズのロングライフ住宅へ戦略をかじ取りしたときの実話です。

旭化成ホームズのHP

これまでの、旭化成ホームズは普通の売り切り型の住宅メーカーでした。営業マンが売ることに集中して、アフターサービスもそんなに力を入れていませんでした。

その当時、社長が変わり、

  • Strategy(戦略)
    売り切り型⇒ロングライフ戦略へ(こうなるとアフターサービス部門が大事)
  • Structure(組織構造)
    サービス部門は子会社⇒本体の営業部門の中に設置(子会社を吸収したのはすごい)
  • Staff(スタッフ)
    やる気のない人材・定年間際の人材を転籍⇒社内で1クラスの人材を異動(周りから何かしでかしたのか?と言われたそうです)
  • Style(経営スタイル)
    社長はアフターサービス部門しか会議にでなかったそうです(これがスタイルに分類されるかは?であるがかなり面白い話)。
  • System(評価制度)
    コスト削減額⇒顧客満足度(コスト削減とはいかにサービスしないかですから、恐ろしい指標です)。
  • Skill(スキル)
    アフターに関するスキル(特にクレーム対応)を蓄積していったそうです。
  • Shared Value(共通の価値観)
    結果として、住宅購入者の満足度1を5カ年連続しているという話でした。

上手で優秀な経営者だと思いました。

皆さんも7Sモデルを意識して組織変革すれば着眼は間違いありません。

どんどん使ってくださいね!

人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロード!

朝の1分間マネジメントシートの無料ダウンロードはこちら 人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロードできます。(グローセンパートナー企業サイトへ遷移します)

お問い合わせ

グローセンパートナーへの電話でのお問い合わせは03-6215-8717(平日9〜18時まで)グローセンパートナーへのウェブサイトからのお問い合わせはこちら
社内研修支援サービス