トップ > 朝の1分間マネジメント > 誉めることは報酬である
朝の1分間マネジメントイメージ

本文

誉めることは報酬である

2008年4月26日の日本経済新聞に下記の記事が掲載されていました。

〜褒め言葉は「報酬」(抜粋)〜

自然科学研究機構・生理学研究所の定藤規弘教授らの研究グループが、褒められた時の脳の動きを初めてとらえたと発表した。
喜怒哀楽をつかさどる部位よりも、食べ物やお金をもらったときに反応する中心部の血流が活発になった。
褒められることを脳が「報酬」を受け止めることを示すもので、人間の複雑な行動を科学的に検証する指標の一つになるという。

という面白い記事を発見しました。

余談になりますが、「心が科学になってきた」と最近思っています。褒めることは大事など昔から言われてきたいことが、科学的に立証され始めてきたことに驚きと喜びを感じています。

褒めることの重要性をいまさら説く必要はないと思いますが、研修などでお互い褒めあうことをやっています。参加者から上がる声は、「そもそも自分がこの10年くらい褒められたがない」というさみしい反応です。

もっともっと褒めあいましょう!ただ褒めるのでは、逆にモチベーションが下がってしまうこともあるので、褒め方は次回ご案内します。

カーネギーの本だったか、褒めることを習慣にするための方法が紹介されていました。おはじきを5つ用意して、左のポケットに朝入れて出勤します。一人褒めるとおはじきを左から右に移します。おはじきが右に全部移るまで退社はしないと決めたらいいそうです。ある社長が実践したら、会社の業績がみるみる上がったそうです。

お互い褒めあるようないい会社にしましょう!

人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロード!

朝の1分間マネジメントシートの無料ダウンロードはこちら 人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロードできます。(グローセンパートナー企業サイトへ遷移します)

お問い合わせ

グローセンパートナーへの電話でのお問い合わせは03-6215-8717(平日9〜18時まで)グローセンパートナーへのウェブサイトからのお問い合わせはこちら
社内研修支援サービス