トップ > 朝の1分間マネジメント > 優秀な社員の習慣
朝の1分間マネジメントイメージ

本文

優秀な社員の習慣

あるプロジェクトで、優秀な社員の習慣を議論しました。
面白い習慣が共有されましたので、ご案内します。

優秀は社員は、「職場のどこに何があるかを知っている」というルールです。

例えば、

  • コピー機のトナーが無くなったとき、交換トナーの場所を知っている
  • 宅急便を送る時、送付状がどこにあるか知っている
  • お茶室の雑巾・スプーンの場所を知っている
  • すべての文具の置き場所を知っている
  • 過去の資料がどこにあるのか知っている(5S活動をしていない前提)

「うん」「うん」と分かる人には分かるという感じでしょうか。

そういえば、出光時代にスーパー優秀だった先輩(コンサルティング会社の社長さんになりました)は、土曜日・日曜日に会社に来て、全ての書類に目を通したと言っていました。

昔のノウハウを発掘できると言っていました。

できる人は何かが違います。

人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロード!

朝の1分間マネジメントシートの無料ダウンロードはこちら 人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロードできます。(グローセンパートナー企業サイトへ遷移します)

お問い合わせ

グローセンパートナーへの電話でのお問い合わせは03-6215-8717(平日9〜18時まで)グローセンパートナーへのウェブサイトからのお問い合わせはこちら
社内研修支援サービス