トップ > 朝の1分間マネジメント > 権限委譲すべきか?しないべきか?
朝の1分間マネジメントイメージ

本文

権限委譲すべきか?しないべきか?

権限委譲をするべきか?しないべきか?悩む場面があります。

もちろん、任せられる人にはどんどん任せばいいのは分かるが、判断が迷う時があります。その時は、「権限委譲をした方がいい」を選択してください。

エドワード・デシによると、部下の動機付けのためには、

  • 権限委譲の範囲を部下に考えされる
  • それが難しければ、権限委譲の範囲をなるべく広げるように努力する
  • それでも難しければ、いくつは選択の幅を与える

という順になるべく権限委譲をするように言っています。

まずは、権限委譲し、委譲した部下の行動をじっくり見ることです。

少しでも上手に進められれば、褒め、
やり方が分からないようであれば、アドバイスし、
行動が止まっている理由が分からなければ、じっくり話を聞くことです

行動が止まっているのも何らかのサインです。
その理由を突き止めることからスタートです。

マネジメント・部下育成も現場主義で!

人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロード!

朝の1分間マネジメントシートの無料ダウンロードはこちら 人事制度や社内研修に役立つノウハウ集をダウンロードできます。(グローセンパートナー企業サイトへ遷移します)

お問い合わせ

グローセンパートナーへの電話でのお問い合わせは03-6215-8717(平日9〜18時まで)グローセンパートナーへのウェブサイトからのお問い合わせはこちら
社内研修支援サービス