トップ > 職場がみるみる変わる物語 > 現場の声を聞く
職場がみるみる変わる物語イメージ

本文

現場の声を聞く

余りにも現場の雰囲気が悪そうであったため、急遽アンケートを実施することにした。
アンケートの質問は以下の通り

  • 現在の仕事に『やりがい』を感じていますか?
  • 現在の仕事で『自分らしさ』や『個性』をいかせていると思いますか?
  • 自分に与えられた『役割』や『自分がすべきこと』は正しく認識していると思いますか?
  • 現在の職場は『生産性が高い』『効率が良い』『工夫されている』と思いますか?
  • 現在の職場は『雰囲気が良い』『仕事がしやすい』『チームワークがある』と思いますか?
  • その他、仕事や職場についてなど、何かありましたら自由にお書き下さい。

アンケート結果を見て愕然とした・・・

『やりがい』や『チームワーク』などの数字が低く出るだろうと予測していたが、自由欄に現場の悲鳴が書かれて帰ってきた。

  • 「いじめがひどい。いびりがある」
  • 「○○さんが人格を否定する叱り方をする」
  • 「今日も一人いじめにあって早退した」
  • 「バカ。進歩がないと言われる」
  • 「ストレスをすごく感じる」

到底会社組織ではない。

専務にフィードバックすると

「現場の社員は、絶対に私に見せることがない『もう一つの現場』があるんです」
「この組織風土は30年間続いてきて、私も手が出せない状況です」

どこから手をつければいいのか?心底悩む。
見えない何かにちょっと恐怖を感じた瞬間であった。

お問い合わせ

グローセンパートナーへの電話でのお問い合わせは03-6215-8717(平日9〜18時まで)グローセンパートナーへのウェブサイトからのお問い合わせはこちら
社内研修支援サービス