トップ > 職場がみるみる変わる物語 > 営業が動き出す
職場がみるみる変わる物語イメージ

本文

営業が動き出す

翌月に、アクションプランを描く研修をやってから、営業マンの動きは早かった。

  • 在庫帳の見直しを行い、到底売れないであろう商品は、いくらで売るかを共有した
  • 赤字覚悟で、在庫処分を行った
  • そして、仕入れ方法の見直しを図りたかった

実は、仕入れ担当は問題キーマンの仕事であり、③だけはどうにも手をつけられなかった。
専務・若手営業マンも含めて、余り仕入額を増やさないように、チクリチクリ言っていたが効果は限定的であった。

そろそろ抜本的な手を打たなければと思っていた矢先・・・

偶然にも問題キーマンが持病の糖尿病と再発させ、緊急入院・手術することになった。
さすがに人の不幸をラッキーとは思わなかったが、何か風が吹いている感は否めなかった。

これを機に、在庫処分・過大仕入れの防止が一挙に進んだ。

次は、工場部門に手を入れる。
いよいよ本丸だ!こちらはもっともっと時間がかかりそうだ。

お問い合わせ

グローセンパートナーへの電話でのお問い合わせは03-6215-8717(平日9〜18時まで)グローセンパートナーへのウェブサイトからのお問い合わせはこちら
社内研修支援サービス