Vol.80  共感コミュニケーションの実践をしてみて

2017.08.10

いつも有難うございます。グローセンパートナー/島森です。
暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は、今年の夏は初石垣島にトライしようと思います。
(暑いのに、更に暑いところに行く必要があるのかちょっと後悔しています)

今年に入って、共感コミュニケーションなるものの理解と実践を進めています。
徐々に形になってきており、評価者研修の場などでも紹介しています。

今日は、その共感コミュニケーションの実践について触れたいと思います。

詳しくは、

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

グローセンパートナー メルマガ Vol.80

      『共感コミュニケーションの実践をしてみて』

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

───────────◆◇◆INDEX◇◆◇────────────

◆〔1〕共感コミュニケーションの実践をしてみて

◆〔2〕夜の楽校の紹介
    ヤフーの1on1に学ぶコミュニケーション術

◆〔3〕人事・教育担当者に読んで欲しい書籍
    『成人発達理論による能力の成長』

◆〔4〕注目のセミナー情報

───────────────────────────◆◇◆────

┏━┓
┃1┃共感コミュニケーションの実践をしてみて
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

共感コミュニケーションとは、自分の「解釈」に左右されることなく、相手と
真のコミュニケーションを図る手法です。

頭で解釈(判断・分析・批判・取引など)するかわりに、自分自身と相手の心
の声に耳を傾けて、感情とニーズを明確にしていくことで、お互いの解釈(誤
解や偏見など)からではなく、心からつながりながら共感を伴ってコミュニ
ケーションをすることを目指します。

その前に、自分の感情とニーズにつながることが大切で、日々こんな鍛錬をし
ています。

Step1)
自分が心を動かされた事象・事件を思い出します。
例:部下のある発言が、自分の心を傷つけ、怒りを感じたなど。

Step2)
その事象・事件について、奥にある感情を感じます。
思い出すというより、その感情を今の自分のなかに感じます。
例:(怒りの奥に、実は)寂しさを感じていたなど。

Step3)
感情の奥にある、ニーズを探ります。
何がなくて、何が欲しくて、その感情に至ったのかを感じるイメージです。
例:(寂しさを感じたのは)共感を感じたかったからなど。

Step4)
ニーズを満たそうとしたときに、自分はどのような行動を選択するか考えます。
例:もっと対話しよう!など

このステップで進めていくと、Step1)で反応して行動するより、冷静であり、
自分のニーズにつながることができる第三の道を選択できます。

この思考方法ができると、自分の恐れ・不安・怒りとは決別した意思決定が
できると感じています。

それを、上司が体得できると、部下とのコミュニケーションが変わると思いま
すし、次のステップでは、上司が部下の感情・ニーズとつながってコミュニ
ケーションできることを目指します。

共感コミュニケーションを研修の場で体験して、普段のコミュニケーションで
も活かしてもらおうと実践しています。

家族とのコミュニケーションでも有効ですよ。
特に、子供の気持ちを受けとめるためには良い方法です。娘が泣いているとき
も、一緒に悲しみを感じて、彼女のニーズを考えて、その後にメッセージを投
げてます。

何だか、感情が揺れ動いた後の気持ちを立て直すスピードが、早くなったよう
な気がします。

体得には練習が必要ですが、しばらくトライを続けますので、その結果を体系
化してお伝えできればと思います。

下記の、夜の楽校でも紹介していきたいと思います。

┏━┓
┃2┃夜の楽校のご案内(すぐに埋まると思いますのでお早めに!)
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■~上司と部下とのコミュニケーションを見直そう~
 ヤフーの1on1に学ぶコミュニケーション術
 日時:2017/09/08(金)18:30~21:30(受付18:15~)
 場所:ヤフー株式会社 セミナー会場
    東京都 千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 18階

今回の夜の楽校では、日本における先駆者的な導入事例をお持ちのヤフーさん
の事例を聞いて、1on1ミーティングとは何かを理解しましょう。

後半は、グローセンパートナーの面談技法(共感コミュニケーションのスキ
ル)をお伝えします。

1on1の事例を聞き、共感コミュニケーションのスキルを習得し、一気に自社
の(自分の)コミュニケーションスキルを高めましょう。

2017/09/08(金)【夜の楽校(がっこう)】ヤフーの1on1に学ぶコミュニケーション術

┏━┓
┃3┃人事・教育担当者に読んで欲しい書籍
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍名:『成人発達理論による能力の成長』
著者名:加藤洋平氏

文章としては分かりやすいですが、少々上級者向けの書籍です。
(夏休みの課題図書として最適)

オランダのフローニンゲン大学に在籍し、発達科学を研究している加藤洋平氏
の最新書籍です。

人の器としての成長と、スキル・能力の発達という2つの観点から、成人の成
長とは何かを分かりやすい視点で解説しています。人の成長に関して、初めて
知る内容ばかりです。

着眼は分かりやすいのですが、では実務の現場でどう人材育成に活用するのか
は一工夫必要になります。そういった意味で上級者向けですが、人材開発部門
の方は必読の書だと思います。

┏━┓
┃4┃注目のセミナー情報
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【無料】社内研修内製化を進めるポイントとやらされ感ない研修の組み立て方
 研修の教育体系を策定する方、研修の内製化を進めたい方、新しく研修講師
 として登壇する予定のある方を対象としたセミナーです。

 2017/09/14(木) 10:00~12:00
【会場】http://www.growthen.co.jp/seminar/20170914_3/
【オンライン受講】http://www.growthen.co.jp/seminar/20170914_3web/

●【無料】経営的側面から本当の人事制度を理解する塾
 10月から【4回シリーズ】がスタートします。オンライン受講もありますの
 で、ご都合にあわせてお申し込みください。

 教育体系が半日で”完成”するセミナー 2017/09/07(木) 13:30~17:00
【会場】http://www.growthen.co.jp/seminar/20170907/

 第1回目:人事制度の全体像・基礎編 2017/10/19(木) 10:00~12:00
【会場】http://www.growthen.co.jp/seminar/20171019/
【オンライン受講】http://www.growthen.co.jp/seminar/20171019web/

●社内インストラクター養成講座
 社内研修の講師として、話し方・受講生とのコミュニケーション・演習中の
 動作などの基本を学びます。演習もたくさん取り入れていきます。
 同日・同会場で基礎編・ファシリテーション編を実施します。

【基礎編】2017/08/31(木) 13:00 ~ 15:30
 http://www.growthen.co.jp/seminar/20170831_1/

【ファシリテーション編】2017/08/31(木) 15:50 ~ 17:50
 http://www.growthen.co.jp/seminar/20170831_2/

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。