Vol.84 人材育成の要諦

2017.12.21

いつも有難うございます。グローセンパートナー/島森です。

あっという間に年末になりました。
本年も多くのお客様・パートナーの皆様に恵まれましたこと、
心より感謝申し上げます。

先日、「人材育成」をテーマに研修を実施しました。
その朝に研修内容を構想していると、ふとひらめいた言葉が、

人材育成の要諦とは「人材育成を阻害しているのは自分だと知ること」

これが、今のところ自分が行きついた究極の結論です。

詳しくは、

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

    
グローセンパートナー メルマガ Vol.84

            『人材育成の要諦』

                         
■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

───────────◆◇◆INDEX◇◆◇────────────

◆〔1〕人材育成の要諦

◆〔2〕夜の楽校のご案内『僧侶が考える真のリーダーシップとは』

◆〔3〕人事・教育担当者に読んで欲しい書籍

◆〔4〕年末年始の休業のお知らせ

◆〔5〕注目のセミナー情報

───────────────────────────◆◇◆────

┏━┓
┃1┃人材育成の要諦
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

個人的には、近代マネジメント手法の限界を感じています。
戦略論も、組織論も、マネジャー手法も、人材育成手法も。

いくらやっても、問題がなくならないので。

まずは、近代マネジメントの問題から整理します。

近代合理主義の前提は、下記のように挙げられます。
(1)主体と客体の分離して分析する。
(2)全体を部分に分けて分析する。
(3)部分の知識を統合することで全体を理解する。

その中で、マネジメントとは客体を計画的にコントロールすることになります。
その根底にあるのは、「主体が正」であり、「客体が問題」という考え方です。

つまり、近代マネジメントの前提は、
(1)経営者(管理職)は正しい。
(2)問題の原因は、従業員(部下)である。
(3)従業員(部下)をコントロールして改善する。
という発想が根底にあるということです。

その視点の何が問題かというと、
上司からみると「部下が悪い」という発想を引き起こし、
部下からすると「上司が悪い」という発想を引き起こし、
そこには「分離」と「主体性の欠如」が起きるだけです。

結果、問題が放置され、先送りされます。

一方で、時代は変わり、徐々に「客体のみ問題」という視点は薄れつつありま
す。

例えば、
コーチングは、部下の意見を引き出し、行動に結び付けるスキル
部下の育成は、弱みの克服よりも、強みを伸ばすことが大切

というのは部下視点に徐々に移行していることを意味しています。
ゆっくりと。

それをもっと成熟させると、
「主体」と「客体」を分離して考えること自体に限界を感じます。

もう少し進むと、
「客体が正」であり、「主体が問題」ではないかという視点に行きつきます。

これが内省です。

大人の発達心理学の段階5(自己認識段階)になると、他者の捉え方が「自己
の受容に貢献する者」というレベルになるようです。

少しかみ砕くと、
事実(相手を含む)は事実であり、起こるべくして起こっている。
起きたことは内省材料である。
事実に基づいて、自分のあり方・思考の枠(思い込み)を内省することにより、
自分の行動を変える。

この発想が、新しい時代のマネジメント手法だと確信しています。

そして、これができることが、経営者・マネジャーに求められる究極のレベル
だと考えています。

僕も、このレベルを目指して、日々研鑽しています。

つまり、人材育成においても、「人材育成を阻害しているのは自分だと知るこ
と」と理解し、自分のコミュニケーション方法や内面に起きていることを見直
し、それに基づいて部下と接し直すというPDSサイクルを回すことができれば
良いでしょう。

人材育成・コミュニケーションもそうですし、営業場面のプレゼンテーション
も同じです。戦略が実行されない原因も、主体本人の中にあります。

そう書きながら、自己内省をしている島森がありますが(笑)

それでは、皆さん来年もよろしくお願いします。
来年も、楽しいメルマガが書けるように日々尽力します。

佳いお年をお迎えください。

┏━┓
┃2┃夜の楽校のご案内『僧侶が考える真のリーダーシップとは』
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夜の楽校の【新年企画】です。

上で話をした「主体」「客体」の話になると、段々宗教的な概念に近くなると
感じており、宗教も少し勉強しようかと思っています。

その中で、友人の僧侶に一度セミナーをして欲しいと依頼をしていましたが、
ようやく夜の楽校で実現することとなりました。
興味がある方は是非ご参加ください。

題目は、
~仏教的視点で考えるリーダーシップ、
 お坊さんが発見したリーダーシップを発揮できないパターンとは~
です。

私から、
(1)昔から伝わる真実と現代に定着している間違った考え方
(2)U理論と仏教的思想
の話をして欲しいとも依頼をしました。

1年の初めにお坊さんの話を聞いて内省することも良いかと思います。
(ご本人はお坊さんっぽくないですが)

【セミナー概要】
 日時:2018/01/24(水)19:00~21:00(受付18:40~)
 会場:オーセンティックワークス セミナールーム
    東京都新宿区四谷二丁目11番地 アシストビル5F
 費用:1,500円
 対象:どなたでも
 セミナーの詳細・お申込み
 http://www.growthen.co.jp/seminar/20180124/

┏━┓
┃3┃人事・教育担当者に読んで欲しい書籍
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『自分の小さな「箱」から脱出する方法 』を書いたアービンジャー・インス
ティチュートが、ビジネス編として書籍を出しました。

まず、『自分の小さな「箱」から脱出する方法 』を読んでいない方は、
そちらからお読みください。

今回メルマガに書いたことを、内向き志向のマインドセットという表現で
伝えてくれます。

書籍名:『管理しない会社がうまくいくワケ』
著者名: アービンジャー・インスティチュート(著)、中西真雄美(訳)

┏━┓
┃4┃年末年始の休業のお知らせ
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

弊社は下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。
────────────────────────
休業期間 : 2017/12/23 (土)~2018/1/8 (月)
────────────────────────
新年は、1/9(火)より通常営業を開始いたします。
皆様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたし
ます。

┏━┓
┃5┃注目のセミナー情報
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【無料セミナー】社内研修内製化を進めるポイントとやらされ感ない研修の
組み立て方
研修の教育体系を策定する方、研修の内製化を進めたい方、新しく研修講師
として登壇する予定のある方を対象としたセミナーです。

 2018/01/11(木) 10:00~12:00
【会場】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180111/
【オンライン受講】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180111web/

●【無料セミナー】経営的側面から本当の人事制度を理解する塾
このシリーズは1週間前には満席になります。お申し込みはお早めに。
ご希望の回にのみご参加いただくことも可能です。

 第4回目:報酬制度編 2018/01/18(木) 10:00~12:00
 報酬制度の設計の基礎を学びます。
【会場】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180118/
【オンライン受講】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180118web/

●社内インストラクター養成講座
社内研修の講師として、話し方・受講生とのコミュニケーション・演習中の
動作などの基本を学びます。演習もたくさん取り入れていきます。
同日・同会場で基礎編・ファシリテーション編を実施します。

【基礎編】2018/01/25(木) 13:00~15:30
 http://www.growthen.co.jp/seminar/20180125_1/

【ファシリテーション編】2018/01/25(木) 15:50~17:50
 http://www.growthen.co.jp/seminar/20180125_2/

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

株式会社グローセンパートナー
代表取締役 島森 俊央 (Toshihisa Shimamori)

〒104-0061  中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F

TEL:03-6215-8717 FAX:03-6215-8700

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

__________________________________

このメールは、名刺交換させていただいた方、弊社セミナー・イベントにお申
し込み・ご来場いただいた方、Webよりでお問い合わせ・資料ダウンロードい
ただいた方、メールマガジン購読を希望された方に配信しております。

◆メールアドレス変更
 お手数をお掛けしますが、このメールにご返信ください。
◆配信停止
 今後、弊社からの案内が不要な場合は、下記よりお手続きをお願いします。
 http://www.itm-asp.com/f2/?u_id=225603&f_id=375
__________________________________