Vol.90 もりおが森に行く

2018.08.07

いつも有難うございます。グローセンパートナー/島森です。

この1ヵ月大きな変容が訪れたので、そのシェアと変容に必要なポイントが
絞り込めたので整理してお伝えします。

いつもワークショップに参加するときは、ニックネームを「もりお」にして
います。それで今回のテーマは「もりおが森に行く」という表現をしています。

大まかな変容の流れは、

(1)株式会社森へが主催している 森のリトリートに参加
https://morie.co.jp/

(2)ザ・リーダーシップ・サークルという360度診断のフィードバック
http://www.theleadershipcircle.jp/

(3)自ら主宰する熱海のワークショップ・館山のワークショップ

2018/07/06~【全4回6日間リトリート+個別セッション】大人の発達段階をあげるための内省型リーダーシップ開発ワークショップ

(4)(少々怪しいですが)チャクラ講座

(5)ビジネスコーチング

のイベントを体験しながら進みました。主に、(1)(2)(3)(5)を中心に話をしま
す。

詳しくは、
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

    
グローセンパートナー メルマガ Vol.90

            『もりおが森に行く』

                         
■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

───────────◆◇◆INDEX◇◆◇────────────

◆〔1〕もりおが森に行く

◆〔2〕働き方改革を進めるために 会議の効率化のテキストが完成!!!

◆〔3〕【夜の楽校】声紋分析で自分の心の声を聞いてみましょう!

◆〔4〕皆に読んで欲しい書籍 『子どもたちの光るこえ』

◆〔5〕注目のセミナー情報

───────────────────────────◆◇◆────

┏━┓
┃1┃もりおが森に行く
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まずは、森のリトリートの紹介です。
今回は思い切って、石垣島で森を体験してきました。

森のリトリートは、いたってシンプルで、
2泊3日で、森に入る(2時間)×4回+夜の焚火×2回のだたそれだけです。

言葉ではうまく表現できませんが、
(1)自然と対峙することで、素直に自分の内面に向き合える
(2)自然の複雑性と一体化することで、自分の人生をそのものを俯瞰できる
(3)一旦緩めることで、本当の自分に遭遇できる
などが新鮮な体験でした。

過去、色々なワークショップに参加してきましたが、ファシリテーターが
どうしても意図やエゴが存在する人間であることに比べて、格段に森の方
が気づきが多いと思いました。

冒頭に、「ゆっくり、しずかに、感じる」という森に入るルールの説明を
受けたときに、スピードを緩めることの大切さを痛感し、森に入る準備を
整えることができました。

森に入ると、様々なイベントに遭遇して、森としっかりコミュニケーション
ができました(僕はずっときのこと対話していました。きのこマスターと
名前をつけました)。

皆さん同じような体験をして、興奮冷めやらずという感じでした。
(違う側面で表現すると森へ誘導してくださるファシリテーターが森に
対する圧倒的な信頼がないとできないワークショップだと思いました)

結果として感じたのは、今の会社の経営という側面で、自分の中で限界が
来たことを悟ったという感じです。

仕事や人を全部見ようとしていた限界、人のためにサポートしてきた限界、
そのために自分の頭の回転数を人間の限界近くまで高めていた自分に気づ
きました。

森のワークショップは本当にお勧めです。人生の変化点になるので、一生に
一度ぐらいは体験した方が良いと思います。

次に、ザ・リーダーシップ・サークルという360度診断のフィードバックです。

人生初めての360度フィードバックでしたが、到底受け入れられない内容の
フィードバックが返ってきました。

リーダーシップの欠如と、皆さんの素直なコメントに愕然とした感じです。

多分、他人から見たら「そうじゃん!」というレベルなのでしょうが、本人に
とってはキツイものでした。

しかし、森リトリートの自己洞察があったので、比較的素直に受け入られまし
た。

この仕事が難しいのは、自分自身が人事制度のコンサルティングをやったり、
研修講師をやるというサービス提供者になるために、自分が企画して、営業し
て、自分を納品ということで時間を拘束される点です。

どうしても高稼働・高回転にならざるを得ない問題を抱えています。

結論としては、ずっと高回転で仕事をしてきたための弊害があることに気づき
ました。少し生活のペースを緩めないといけないことに気づきました。
この落とし穴は、一見社会人として成功している弁護士・会計士・コンサルタ
ントなどが陥る罠だと思います。注意しましょう!

その後に、自社開催の熱海のワークショップがあり、「緩める」「感じる」
「気づく」を冒頭に解説して進めました。自分自身も緩みすぎ、途中でファシ
リテーターとしての役割を忘れるぐらいでした。

参加者の皆さんも、そういえばサラリーマン生活で緩めたことはなかった
という表現をしている方もいらっしゃいました。やはり立ち止まって緩めるこ
とは大切です。

そのようなプロセスを体験して、少し自分の生活でも「緩める」ことを習慣化
してきました。

研修時の疲れも半減した感じです。変にエゴが作動することも少なくなりまし
た。

そして、先週の金曜日にビジネスコーチングを受けて、着地した感じです。

限界に近い頭の回転と、速い行動力でついついやることを多くして、そして
人を助けようというエゴが働いて、自分自身が窮屈になっていることに気づき
ました。

徐々にですが、自分が好きではない仕事を減らして、やりたいことにシフト
して行こうと思います。
表現は難しいですが「わがままに生きる」という感じでしょうか。
「緩める」「自由に生きる」、この辺りが大切なポイントかと思います。

最後に、一昨日、加藤洋平さんとミーティングをした内容を紹介します。

加藤さん曰く、「人生の余白が、成人発達のエネルギーになる」という表現を
していました。

僕なりに解釈すると、心と体を緩めることをしないと、本当の自分を見失う
ことになり兼ねない。少し稼働を落としてでも、自分を見つめる機会を持った
方が良い。

そんなことを紹介したいメルマガでした。

今後は緩めるため、心の成長のためのワークショップをたくさんやっていきま
す。お楽しみに!

┏━┓
┃2┃働き方改革を進めるために 会議の効率化のテキストが完成!!!
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開発期間を5ヵ月ほどかけて、2社ほどご協力いただきながら、
「生産性の高い会議の進め方」という社内研修支援サービスのテキストが
完成しました。

この研修を実施することにより、時間の無駄だな~と思っている会議を
変えることを目的に作成しました。

(1)必要ない会議の廃止
(2)参加者の絞り込み
(3)事前準備をしっかりやる
(4)参加者の役割の明確化
(5)決まらない会議の問題とその対処方法
(6)会議レベルを向上し続ける方法

上記の(1)~(6)を改善するという構成になっています。

会議に問題を抱える会社は、是非研修にトライしてみてください。
格段に会議の生産性を高めることができると思います。

そして、2018年9月末までに発注いただいた企業に限り、弊社メンバーが後ろ
で見守り、必要に応じてアドバイスするという「見守りサービス」を付加でき
ます(先着5社)。必要に応じてお声がけください。

まずは、サンプルテキストをご覧ください。
お申し込みは、下記内容をこのメールにご返信ください。

======================以下メール返信ください======================

ご希望の内容【 生産性の高い会議の進め方のサンプル閲覧 】
ご希望の閲覧方法【 WEB閲覧 ・ 郵送(要返却) 】
         ※WEB閲覧か郵送のどちらかを選択してください。
貴社名【         】
部署名【         】
ご氏名【         】
ご住所【〒        】

======================以上メール返信ください======================

┏━┓
┃3┃【夜の楽校】声紋分析で自分の心の声を聞いてみましょう!
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、声紋分析なるソフトを衝動買いしました。自分の心の中が波形で示され
るからです。

自分の名前を6秒唱えるだけで、自分の潜在意識・前意識(習慣の意識)・
顕在意識を測定できます。
自分の潜在意識から、自分の判断軸・行動軸が分かります。
また、自分自身が潜在意識と一致して生きているかも分かります。
自分が潜在意識としてやりたいことも分かります。
自分が配偶者をどう潜在意識で捉えているかも分かります。

つまり、声の ”振動数(周波数)” を分析すれば、今の自分の状態を客観的
に見ることができます。

というお楽しみツールを、声紋分析を読み解いた柊木匠先生をお呼びして体験
をしていただきます。

今回ご紹介した森リトリートの前後の声紋分析を取りましたが、顕在意識の部
分に大きな変化がありました。そのあたりも紹介したいと思います。

※既にFacebookで告知をしており、半数ぐらい埋まっております。
 参加ご希望の方は、お早めにお申込みください。

【日時】2018/09/14(金)19:00~21:00
【費用】2,000円(テキスト代)
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180914/

┏━┓
┃4┃皆に読んで欲しい書籍『子どもたちの光るこえ』
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

通常は、人事・教育担当者に読んで欲しい書籍の紹介ですが、今回は皆さんに
是非読んで欲しい書籍の紹介です。

キラキラ朝礼で有名な香葉村真由美先生の書籍です。

友達から紹介され、「電車で読んではダメだよ!」と手渡されました。
本当に人前では読めません。涙が溢れて止まりません。この本を読むと愛の力
により、自分の中の殻が溶ける感じを味わうことができると思います。

そして、こんな先生が子供たちと一緒に頑張ってくれたら本当にいいな!と切
に思います。ここから教育改革が始まればよいと。

本を読んでいると娘に取り上げられ、娘も一気に読み、夏休みの感想文にしま
した。
そういった意味で、大人にも子供にも読んで欲しい書籍です。

書籍名:『子どもたちの光るこえ』
著者名: 香葉村 真由美
出版社:センジュ出版
購入方法
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908586026

┏━┓
┃5┃注目のセミナー情報
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【人事制度セミナー】会社の経費の半分以上は人件費!
 その人件費を適切に配分するための報酬戦略とは

報酬制度の設計は、〇〇視点で報酬を設計することです。この観点が漏れなけ
れば、人件費が高騰することもありません。報酬制度設計上欠かせないノウハ
ウをお伝えします。

【日時】2018/08/30(木) 10:00 ~ 12:00
【費用】5,000円(税込)
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180830/

■【社内研修支援】インストラクター養成講座/プレゼンテーション編

社内で講師を実施するインストラクターの方向けの研修実施のノウハウをお伝
えするセミナー(実際にプレゼンテーションの体験もします)です。「人前で
話をするプレゼンテーションスキル」「質疑応答のスキル」「緊張しない方
法」などをお伝えします。

【日時】2018/09/06(木) 10:00 ~ 12:30
【費用】20,000円(税込)
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180906/

■【人事制度セミナー】目線合わせなどの評価者研修はもうやめましょう!
  マネジメントと人材育成に焦点を絞った評価者研修

評価者研修の書籍を書いた講師が、評価制度を使ったマネジメント方法・人材
育成方法について解説します。

【日時】2018/09/20(木) 10:00 ~ 12:00
【費用】5,000円(税込)
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20180920/

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。