Vol.92 対話型研修のススメ

2018.10.24

いつも有難うございます。グローセンパートナー/島森です。

11月の上旬に「対話型研修のススメ」という書籍を出版します。
そのご連絡は次回差し上げますが、今回はその内容に少々触れたいと思います。

現在、勉強している成人発達理論の考え方もほんのり入れております。

詳しくは、
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

    
グローセンパートナー メルマガ Vol.92

             『対話型研修のススメ』
    
                         
■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

───────────◆◇◆INDEX◇◆◇────────────

◆〔1〕対話型研修のススメ

◆〔2〕来期の階層別研修を対話型に変えてみては!

◆〔3〕【お知らせ】お友達のイベントのご案内

◆〔4〕注目のセミナー情報

───────────────────────────◆◇◆────

┏━┓
┃1┃対話型研修のススメ
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

突き詰めると、企業において「本音の対話」ができることが、イノベーション
の推進、戦略の実行、組織活性化、人材育成の面で最大の効果を発揮すると
思います。

しかし、企業においては、部下の本音を聞くと(または上司に本音を言うと)、
自分の身に危険が及ぶのではないかという不安から、なかなか本音が言えない
環境にあると思います。

そういった意味で、本音を聞ける上司側の胆力が必要だなと最近感じており
ます。僕もようやくその胆力がついたかなという感じなので、少しずつその
大切さを伝えることができればと思っています。

さて、話は変わって、研修においても対話が必要だと痛感して「対話型研修」
という概念を完成させました。

まずは、集合研修の目的から考えたいと思います。
eラーニングなどの自己啓発と異なり、集合で研修をやることの意義は何で
しょうか?

インストラクター養成セミナーでは、
「『OJT(職場内教育)』『自己啓発支援』と比較した場合、あえて集合研修を
実施することの効果・意義は何でしょうか?」と問い、皆さんに考えてもらい
ます。

皆さんからは、
○人的なネットワーク作りができる
○各職場でばらつきがある知識・スキルの補正ができる
○社内の組織風土の共有・お互いの価値観の共有ができる
○普段の忙しさから、ちょっと離れて自分を見つめ直せる
○体系だった学びが提供できる
などの意見がでます。

まず、1つ目に伝えたいことは、

研修にあえて受講者を呼ぶ意義を考えると、講師が話す時間より、「受講者
同士が話をする時間=対話する時間」を最優先する必要がありそうです。

極端に言うと、インプットは事前に済ませて、当日は対話のみをすること
の方が目的にあっていると思います。

2つ目に伝えたいことは、知識の定着の視点です。

講師が一方的に解説すると、知識の定着度は5%程度、
グループで対話をすると、知識の定着度は50%程度にあがるようです。

研修中に、少し概念的なことを話した後に、「ちょっと私が話した内容を
グループで共有してみましょう。感想でも疑問でも結構です」とグループ
に時間を渡すと、「理解が深まった」「捉え方の交換ができ視点が増えた」
などの感想がでます。

最後に、対話型研修によって成人の発達段階をあげることに寄与できます。

日常は、自分が正しいと思って、判断・行動しています。または、部下に
自分の正しさを強要しているかもしれません。

しかし、自分が正しいと思っていることも単なるその人の固有の「捉え方」
に過ぎないことを理解できると判断・コミュニケーションがぐっと変わり
ます。

普段、忙しくしているとその捉え方は固定化し、ややもすると枠が狭くな
りがちです。また、年齢・経験を重ねるとその枠は厚くなる傾向にある
でしょう。

それをほぐしたり、広げたりする機能が対話にあります。自分の捉え方を
グループで共有することにより、「そのような考え方があるんだ」「そう
捉えるんだ」という捉え方の交換をすることにより、新しい視点を受け入
れたり、捉え方の枠を広げたりできます。

「対話型研修のススメ」では、研修の設計方法、研修の進め方などを実例
を踏まえて解説していますので、楽しみにお待ちください。

今回も生産性本部から書籍が出版されますが、出版を記念して11月2日に
セミナーを開催しますので、ご都合が合う方はご参加ください。

通常は、インストラクター養成セミナーを
〇設計・概論編(20,000円)
〇プレゼンテーション編(20,000円)
〇ファシリテーション編(20,000円)
で開催していますが、今回は上記のすべてを1日で、37,800 円で受講でき
ます。
そして、特典として書籍もプレゼントします。

来期の研修の準備としてお越しください。

【日時】2018/11/02(金) 10:00~17:00
【対象】人事労務・研修教育ご担当者様、労働組合執行部の皆様
【場所】日本生産性本部 セミナー室
    〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
【申し込みはこちらから】

2018/11/02開催【日本生産性本部主催】社内研修のやらされ感をなくす!効果を最大限に引き出す対話型研修のすすめ

┏━┓
┃2┃来期の階層別研修を対話型に変えてみては!
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そろそろ、来期の研修予算を組む時期だと思います。
対話型研修は、特に階層別研修に有効です。

階層別研修はスタンス変容が必要なので、対話型研修により、新しい考え方・
捉え方を浸透させることができます。

下記のような階層に最適です。

○管理職研修(プレイヤーから将来視点・組織視点への脱却)
○プレ管理職研修(実行系から企画・構想系への脱却)
○若手研修(一人仕事から周囲への巻き込み・後輩指導への脱却)
などが有効です。

先日、等級制度と教育体系の連動性を高めるために、
(1)等級定義
(2)求める行動(行動評価)
(3)求める知識・スキル
(4)必要な研修
を一覧にまとめました。

等級制度と教育体系の一覧表をご希望の方は、下記よりお申込みください。
弊社担当者が持参し、ご説明いたします。

======================以下メール返信ください======================

◆ご希望の内容 ※下記から選択ください。(不要な項目は削除ください)

□対話型研修(カスタマイズ)の講師派遣を検討したい(50万円/1日)
□対話型研修(標準版)の講師派遣を検討したい(35万円/1日)
□対話型研修のコンテンツの購入を検討したい(20万円/1コンテンツ)
□等級制度と教育体系をまとめた一覧表が欲しい(無償/持参いたします)

◆貴社名【         】

◆ご氏名【         】

======================以上メール返信ください======================

┏━┓
┃3┃【お知らせ】お友達のイベントのご案内
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.HRbar(60回記念のイベントです)

人事部門方がメインに集まっているイベントです。
テーマは当日に集まって、ゆるく決める感じですが、人事担当者のネットワ
ークを作りたい方は是非ご参加ください。
私も初めて行ってみようと思っています。

https://www.facebook.com/events/249662552507843/

2.子どもたちの光るこえ 特別セミナー

一度、書籍のご案内で紹介した香葉村真由美先生のセミナーです。
年間数十回話をされている真由美先生の講演会は「涙なしでは聴けない」と
言われます。お子さんと一緒に参加するのも良いかもしれませんね。

https://www.facebook.com/events/546181639163283/

┏━┓
┃4┃注目のセミナー情報
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【無料セミナー】研修を内製化するときの研修の設計方法(階層別研修編)
本セミナーでは、等級制度から教育体系を策定する方法、研修の中身を設定す
る方法について学びます。短い時間ではありますが、1つの階層の研修を設計
するまで、演習を実施します。

【日時】2018/11/01(木) 10:00 ~ 12:00
【費用】無料
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20181101/

■【加藤洋平氏監修】成人の発達段階をあげる役員・管理職研修の体験会
加藤洋平氏のアドバイスも受けながら心の成長に焦点をあてたワークショップ
を開発しました。軋轢が生じる役員コミュニケーション・パワハラに近いトッ
プダウンマネジメント・自由な発言/発想ができない組織風土などは、心の発
達段階を上げることにより解消できます。
既にこれまでの手法では限界が来ていると感じている教育担当者の皆さん、
是非お集まりください。

【対象】企業の人事または教育研修担当者(役員・管理職研修の企画者)
【日時】2018/11/16(金) 13:30-17:30
【費用】無料
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20181116/

■【人事制度セミナー】会社の経費の半分以上は人件費!
  その人件費を適切に配分するための報酬戦略とは
報酬制度の設計は、〇〇視点で報酬を設計することです。この観点が漏れなけ
れば、人件費が高騰することもありません。報酬制度設計上欠かせないノウハ
ウをお伝えします。

【日時】2018/11/22(木)10:00 ~ 12:00
【費用】無料
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20181122/

■【夜の楽校】声紋分析で自分の心の声を聞いてみましょう!
 +ワークショップでの効果検証
先日開催した「声紋分析セミナー」の内容をグレードアップして開催します。
声の ”振動数(周波数)” を分析すれば、今の自分の状態を客観的に見るこ
とができます。そのツールを、声紋分析を読み解いた柊木匠先生をお呼びして
体験をしていただきます。

【日時】2018/12/07(金)19:00~21:00
【費用】2,000円
【申込】http://www.growthen.co.jp/seminar/20181207/

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。