職場活性化支援

GPの提供する職場活性化支援とは

コンサルタントが職場に入って、実際に業績向上・組織活性化・社員の育成を実現するプログラムです。
マネジメントの定着・組織の活性・社員の育成を通して、結果として業績を短期で向上させます。

なぜ、業績を上げられるかというと、社長が考えること・社員が考えていることを表出させ、融合させることにより、皆がやりたいと思ったことを実現できることができるからです。
ゴールに向かって、厳しいハードルは設定しながらも、そこにはコミュニケーションあり、喜怒哀楽ありの楽しい・またやりたいと自律的な運営が定着します。

このプロジェクトを通して、6ヶ月で劇的に行動変容する社員が2~3名現れます。そのことを本当に喜んで頂ける会社様にご提供しています。

プロジェクトマネジメントイメージ

こんな課題を解決します

  1. 長い間社員教育を実施していない。できれば仕事を通してマネジメントを理解させたい
  2. 業績悪化の緊急事態である。短期間で業績を上げて欲しい
  3. 昔と比べると組織の活力が落ちてきている。どうにか元気を取り戻したい
  4. 2代目・3代目経営者の育成をしたい。まだ現場が分からないようなので現場感を養って欲しい
  5. 若手・中堅社員の活性化を図りたい。次世代の管理職を育成したい

GPの提供する職場活性化支援の特徴

職場単位でプロジェクトを進めることにより、6ヶ月という短い期間で、現状の問題点を発掘し、業績を向上させます。
まずは、全員のインタビューからスタートします。自分の想いを聞いてもらった社員は、そこから火が付き始めます。徐々にメンバーのやる気に火を注ぎ、全員が集合した研修で一気に爆発させます。

その後は、皆で共有したアクションプランを進めながら、課題を解決していきます。プロジェクトには壁が生じるのは常ですが、それは社内の問題に起因するケースが多々あります。社内の問題を解決していきながら、成功の体験を積み重ねてきます。

最後には美酒が待っています。最後にトコトン騒いで楽しむことにより、成功体験・一体感・喜びを脳裏に焼き付けて行きます。
だから、コンサルティング終了後も自律にプロジェクトは継続されます。

職場活性化支援の効果

  1. 社員が一丸となって、半期で2億円(年間4億円)の利益改善が図れた
  2. 昨年降格した社員がやる気を取り戻し、再度管理職に登用して力を発揮している
  3. プロジェクトが終了しても、自分達でプロジェクトを運営し続けている
  4. 叱りつけることで部下を動かしていた管理職が、人を動かすことが上手になった
  5. 次世代の経営者・管理職候補が明確になり、実際に経営者・管理職に登用した

導入スケジュール

導入スケジュールイメージ
  • STEP1

    全員インタビュー

    ~2カ月かけて、全てのプロジェクトメンバーにインタビュします。
    現状把握・業績向上策・組織風土の問題点を抽出します。

  • STEP2

    経営者と解決法の共有

    インタビューを通じて収集した問題点・解決の方向性をまとめて提示します。
    ここで、PJリーダーなど人材配置も決定します。

  • STEP3

    キックオフミーティング

    全員が参加したキックオフミーティングを開始します。ここからメンバー同士のコミュニケーションが始まります。ここでは判断基準の統一化を図ります。

  • STEP4

    プロジェクトマネジメント

    PJリーダーを中心にプロジェクトを進めて行きますが、PJごと+全体ミーティングを通して、進捗管理をしていきます。1カ月に考えられないような進捗があります。

  • STEP5

    タッチダウンミーティング

    プロジェクトごとに成果を発表します。成果と社員の成長ぶりに感極まる社長も・・・
    ミーティング後は、思いっきり飲みます・騒ぎます。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-6215-8717平日9〜18時まで

メールのお問い合わせ