Vol.64 評価制度のマネジメント・人材育成機能を強化する方法

2015.11.19

いつも有難うございます。グローセンパートナー/島森です。

まずは、ご報告です。
弊社の吉岡が執筆した「社長が代わると、どうして人事制度が変わるのか?」
が12月15日発売予定です。

人事制度の基礎的なことを理解できます。新しく人事部門に配属された方に
是非勧めてください。近くなりましたら、またご案内差し上げます。

さて、最近は年に10件以上の評価者研修を実施しており、ここ1年で一番整理
されたのが評価制度にかかわることです。

評価の機能は、処遇の決定だけではなく、「マネジメントの定着」と「人材育
成の促進」とは理解しているものの、実際に現場でその機能を発揮できている
会社は少ないと思います。

今日は、評価をマネジメント・人材育成の側面から機能させるための方法につ
いてお伝えします。

詳しくは、

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

グローセンパートナー メルマガ Vol.64

    『評価制度のマネジメント・人材育成機能を強化する方法』

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

───────────◆◇◆INDEX◇◆◇────────────

◆〔1〕評価制度のマネジメント・人材育成機能を強化する方法

◆〔2〕教育体系が半日で”完成”するセミナー

◆〔3〕企業内研修支援サービスのテキスト開発状況

◆〔4〕注目のセミナー情報

◆〔5〕注目のセミナー情報(番外編)

───────────────────────────◆◇◆────

┏━┓
┃1┃評価制度のマネジメント・人材育成機能を強化する方法
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

評価者研修を実施する時期は、3~4月など業務のピークの時期が多いです。

評価者研修の開催にあたり、人事担当者の挨拶は「お忙しい時期に申し訳ご
ざいませんが…」という謝罪からスタートすることが多いです。

そのような状況で、ずっとやらされ感なく効果的な評価者研修を開発すべく
力を注いできました。

その結果、受講者からのアンケートには、

・今まで受講した研修の中で最も楽しくためになった研修であった。
・面談は聴く事が大切だと改めて認識した。
・自分を内省することができた。
・フィードバックの演習が面白かった。
・時間が長かったが内容が充実していた。
・前回受講した管理職研修より納得感があった。
・参加型であきることなく研修を受けられた。

など評価をいただけるようになりました。

本日は、評価制度のマネジメント・人材育成機能を強化し、評価者研修を主
体的に参加してもらう方法をお伝えします。

まず、評価者に伝えているのは、評価には「絶対評価」と「相対評価」が存
在するということです。

絶対評価とは、客観的基準(絶対基準)に基づいて、優れているか?劣って
いるか?の評価を決定する方式のこと。

相対評価とは、被評価者が属する母集団のなかで成績順に序列をつけ、その
中の相対的な位置において、優れているか?劣っているか?の評価を決定す
る方式のこと。

評価制度において、絶対評価と相対評価をはっきり区別することが大切だと
言っています。

結論から言うと、「一次評価者には報酬を決定する権限はない。仕事と人材
育成のPDCAをしっかり回すことに注力して欲しい」と説明しています。

現場は、目標管理や行動評価をする以上、必ず絶対評価で運営します。
そういった意味で、評価者は期首に上司の仕事と成長の期待値を示し、その
期待値より上回ったら良い評価、下回ったら悪い評価をつけるだけです。も
のすごくシンプルなのです。

一方で、マネジメント・人材育成とは部下が期待値を下回りそうだったら、
期待以上に行動を変えるようにフォローすることが評価者の役割だと説明し
ています。

つまり、期末には部下全員が期待値を超える状態を作るのが評価者の役割だ
と説明しています。

しかし、人件費には予算があり、組織もポスト管理しているために、経営的
側面・人事的側面では相対評価で運営しないといけません。

つまり、現場の絶対評価をどこかで相対化する必要があります。それを隠す
ことなく、ここで相対化すると評価者にも被評価者にもOPENにします。

これが評価の納得感につながります。被評価者にも、それを理解させること
により、現場での絶対評価と、相対した評価は異なることもあると言ってい
ます。

つまり、マネジメント・人材育成機能は絶対評価で運営し、報酬を決める評
価は相対評価で運営すると伝えます。

そして、評価者研修では、マネジメントと人材育成に特化して話をしていま
す。

目標設定は、本人へ仕事の期待値・成長の期待値を伝え、それを本人が理解
しているのかを確かめるのが目標設定面談だと説明しています。

評価は、その期待値に対して、成果・行動が上回ったのか、下回ったのか、
お互いに認識合わせだと説明しています。

フィードバックは、お互いに評価の認識があっていない場合は、それを補正
する場だと説明しています。面談を通して、部下だけではなく上司が現状を
認識することで、双方の育成が図れると説明します。

このあたりの具体的な内容は、来年の5月に書籍として出版したいと考えてい
ます(先日企画が通りました)。お楽しみに!

┏━┓
┃2┃教育体系が半日で”完成”するセミナー
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

教育体系を策定するには情報収集に手間がかかります。このセミナーでは、
等級制度を切り口に、人材育成の観点から最適な教育体系を構築します。

当日は、自社の等級定義を持参いただき、教育体系を完成させることをゴール
にセミナーを進めます。

等級定義を「能力」「スキル」に分解して、その等級に求められる「スキル」
を抽出します。

その「スキル」を付与するためのセミナーを企画するという流れで進めてい
きます。

1.場 所 :四ツ谷駅徒歩7分
2.費 用 :無料
3.日 時 :2015/12/11(金) 13:30 ~
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
弊社HPから
http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar094/

日本の人事部から
http://jinjibu.jp/seminar/detl/32512/

┏━┓
┃3┃社内研修支援サービスのテキスト開発状況
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

社内研修支援サービスとは
企業内で低コストで効果的な研修(研修の内製化)ができるように、
○受講者用テキスト
○講師用PowerPoint
○講師用マニュアル
のコンテンツ提供をしております。

○マネジメント(組織マネジメント編)
の開発が終わりました。

テキストサンプルはこちからダウンロードできます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.growthen.co.jp/download/training_dl/

現在は、全テキストをブラッシュアップしています。演習などもさらに盛り込
んで行くので、楽しみにしてください。

┏━┓
┃4┃注目のセミナー情報
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経営マネジメントとして人事制度を機能させる人事制度構築方法をお伝えす
る勉強会【4回シリーズ】 第4回目:報酬制度編

2015/12/10(木) 10:00 ~ 12:00(受付9:40~)
2015/12/18(金) 10:00 ~ 12:00(受付9:40~) それぞれ同じ内容です

○2015/12/10(木)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar082-2/
http://jinjibu.jp/seminar/detl/29737/

○2015/12/18(金)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar089/
http://jinjibu.jp/seminar/detl/32086/

●社内研修インストラクター養成講座(インストラクション編)
企業内研修インストラクター養成講座はインストラクション編・ファシリテ
ーション編に分けてスタートします。

○基礎編は、2016/01/21(木)13:00~15:30
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar090/
http://jinjibu.jp/seminar/detl/32134/

○ファシリテーション編は、2016/01/21(木)16:00~18:00
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar091/
http://jinjibu.jp/seminar/detl/32135/

┏━┓
┃5┃注目のセミナー情報(番外編)
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の前職の師匠である麻野進氏が書籍を出版しました。その記念講演のご案内
です。
ご興味がある方はご参加ください。

『ポジティブな人生を送るために50歳からやっておきたい51のこと』
出版記念講演
http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/8275/

現役50代の人事コンサルタントがアラフィフ世代の処世術を語ります!

前著「部下なし管理職が生き残る51の方法」(東洋経済新報社)でも話題とな
ったアラフィフ人事コンサルタント、
麻野進氏の待望の新刊「ポジティブな人生を送るために50歳からやっておきたい
51のこと」がかんき出版から発売されました。

今回、新刊の発売を記念し、12月14日(月)に八重洲ブックセンター本店にて
麻野氏による出版記念講演を行います。

■日時
2015/12/14(月)19:00~(開場:18:30)

■会場
八重洲ブックセンター 本店8階ギャラリー
東京都中央区八重洲2-5-1
http://www.yaesu-book.co.jp/access/

■募集人員
80名(申し込み先着順) ※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■申込方法

▼八重洲ブックセンター本店1階カウンターにてお申込みを承ります。
同店でご購入いただいた際に、参加ご希望の方に整理券をお渡しいたします。
(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)
お電話によるお申込みも承ります。(電話番号:03-3281-8201)
※対象書籍のご購入はイベント当日でも構いません。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。