Vol.68 キャリア論:これだけはしないでください!

2016.04.14

いつも有難うございます。グローセンパートナー/島森です。

4月から新しい期が始まりましたね。
新しく社会人になったり、新しい職場に移動になったり、転職された方もい
らっしゃると思いますので、今回は自分なりのキャリア論について述べます。

参考図書として、

楠木健先生が書いた『好きなようにしてください』がおすすめです。

NewsPicksに寄せられた相談に楠木先生が応える構成ですが、それはそれは面
白いです。読者からの相談に対して「好きなようにしてください」と答えな
がら、相談の回答を論理的に展開しています。

詳しくは、

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

グローセンパートナー メルマガ Vol.68

      『キャリア論:これだけはしないでください!』

■∴∵■∵∴■∴∵■∴∵■∵∴■∴∵■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■∵∴■

───────────◆◇◆INDEX◇◆◇────────────

◆〔1〕キャリア論:これだけはしないでください!

◆〔2〕【社内研修支援サービス】若手向け研修のご紹介

◆〔3〕人事・教育担当者に読んで欲しい書籍
    職場が生きる 人が育つ 「経験学習入門」

◆〔4〕注目のセミナー情報
    新着:社内研修内製化を効率的・効果的に進める具体策

◆〔5〕ヒューマンキャピタル2016に出展することになりました

───────────────────────────◆◇◆────

┏━┓
┃1┃キャリア論:これだけはしないでください!
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は、自分の話から入ります。

たまに聞かれるのが、「ずっと独立するためにキャリアを磨いてきたのです
か?」という質問です。

私の場合は、「NO」です。前職で退職が決まった後、どうしようかと考えて
「ダメだったらサラリーマンに戻る前提で、一度起業してみよう」と思ったこ
とがスタートです。

何も準備していなかったので、自分の強みの整理や人脈作りに苦労しました。
しかし、経営者ではないと経験できないことにたくさん遭遇し、本当に良かっ
たと思っています。

次に聞かれるのが、「どうして出光興産を辞めたのですか?」という質問です。

実は、1回だけきちんと将来のキャリアを考えたことがあり、出光に10年間勤
めてその後に骨を埋めるか?転職するか?決めようと思っていました。そこで、
中小企業診断士の勉強をしていました。

出光を辞めたきっかけは自己申告のシートに、「次の異動で、面白い仕事がで
きなかったら転職します」と書いたことがきっかけです。詳しく書くと長くな
るので、結論から言うと仕事が面白くなかったので辞めました。
自分から希望した職種ですが、何ともその仕事に全く興味が持てませんでした。

さて、本題に戻ります。

人事に関する仕事をしているので、人のキャリアに関しても関心はあるのです
が、計画的にキャリアを積むという考え方は否定的です。

「キャリアの8割は偶然によって決定される」という話を耳にしますが、自分
の人生を振り返っても、自分にやりたいことがあったものの、偶然に左右され
てきた感があります。

そして、将来のキャリアを考える手掛かりは、将来ではなく今にあると考えて
います。

【これだけはしないでください1】
自分を裏切ることはしないください。

自分がやっていて楽しいこと。苦にならない仕事。時間があったらやりたい仕
事に徐々にシフトすることがおすすめです。

自分の中にあるニーズに対して、今の仕事があっていればポジティブな信号が
送られ、今の仕事があっていなければネガティブな感情になると言われていま
す。

自分の感情を裏切ったり、押しつぶしたりしないようにしてください。

【これだけはしないでください2】
自分にとって良い仕事は、周囲がうらやましがる仕事とは違います。周囲を気
にした仕事はしないください。

特にあるのが、親を気にすることや、友達と比較してライバル意識を持つこと
です。

自分のキャリアは、相手が決めることではなく、自分が楽しめる仕事を見つけ
ることです。

同期が昇進したっていいではないですか。
自分が意図した部署に異動しなくてもいいではないですか。

自分にあった仕事を見つける旅をしてください。

もしかすると、今の境遇に満足していない方もいるかもしれません。

でも、それは「自分がそう解釈している」だけの話です。その中でも楽しい仕
事は見つけられるでしょう。今の仕事にどうしても興味がなければ、転職すれ
ばいいでしょう。

個人的には、プライベートの充実に逃げるぐらいであれば、転職して自分にあ
った仕事を見つける方が良いと思います。

嫌な仕事をし続けると、病気になりますよ!

┏━┓
┃2┃【社内研修支援サービス】若手向け研修のご紹介
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今、新入社員研修を実施している季節だと思います。
新入社員研修の実施が終了したら、OJTに関する研修の実施も検討してくださ
い。

様々な研修をしていますが、OJT研修ほど効果があるものはないと思っていま
す。

OJT研修を継続して実施すると、OJT研修を受けた受講者から指導を受けた新入
社員がOJTする側として受講するころになると、現場のOJTレベルが上がってい
ることを実感できます。

新入社員が終業する前に、ショートミーティングをしてくれたり、
育成マニュアルが完成していたり、

受講された皆さんなりの工夫をしてくださっています。

○OJT(新入社員育成編)
○ティーチング&コーチング(後輩指導編)こちらはあと1週間ぐらいで完成

などOJTに関するテキストも増やしています。

【サンプルテキスト閲覧のお申し込み】
http://www.growthen.co.jp/sampletext/

【社内研修支援サービスについて】詳細を知りたい方はこちら
http://www.growthen.co.jp/wp-content/uploads/training_service.pdf

┏━┓
┃3┃人事・教育担当者に読んで欲しい書籍
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍名:『職場が生きる 人が育つ 「経験学習」入門』
著者名: 松尾 睦氏 北海道大学に移られたんですね

「経験学習」に関する研究で有名な松尾先生が書かれた本です。経験学習を
ベースにしていますが、多くのインタビュー内容を掲載しており、実務として
活用できるレベルに具体化されています。

特に、人材をつぶす指導者の傾向が、1年目社員・2~5年目社員に分けて測定
された結果が掲載されていて参考になります。

OJT制度の導入を検討したり、職場のOJTレベルを上げたいと考えている方は
是非読んでみてください。

後半に、OJTに関するチェックリストがあったり、実際に現場で回すOJTサイ
クルの紹介があったり、私も参考になることが沢山ありました。

┏━┓
┃4┃注目のセミナー情報
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●新着セミナー:社内研修内製化を効率的・効果的に進める具体策 5/26開催

 新たに社内研修の内製化にターゲットを絞った研修を開催します。研修を
 内製化するときに悩む、「テーマ設定の方法」「研修内容の設計」「コンテ
 ンツ作成の方法」「eラーニング化の方法」について学ぶことができます。
 http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar20160526/
 http://jinjibu.jp/seminar/detl/35513/

●経営的側面から本当の人事制度を理解する塾【6回シリーズ】

 第1回:人事制度の全体像・基礎編 2016/4/21(木)10:00 ~ 12:00
 http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar095_1/
 http://jinjibu.jp/seminar/detl/33782/

 第2回:等級制度編 2016/5/19(木)10:00 ~ 12:00
 http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar095_2/
 http://jinjibu.jp/seminar/detl/33783/

●社内研修インストラクター養成講座
 同日・同会場で基礎編・ファシリテーション編を実施します。
 半日で講師ノウハウを吸収可能です。

 基礎編 2016/06/17(金) 13:00 ~ 15:30
 http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar20160617_1/
 http://jinjibu.jp/seminar/detl/34327/

 ファシリテーション編 2016/06/17(金) 15:50 ~ 17:50
 http://www.growthen.co.jp/seminar/seminar20160617_2/
 http://jinjibu.jp/seminar/detl/34328/

┏━┓
┃5┃ヒューマンキャピタル2016に出展することになりました
┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経BP社主催のヒューマンキャピタル2016に出展します。開催日は、2016年
6月8日(水)から6月10日(金)です。

入場券が大量にありますので、必要な方は下記内容を記載の上、このメールに
ご返信ください。郵送させていただきます。

======================以下メール返信ください======================

ご希望【ヒューマンキャピタル2016の入場券】

貴社名【         】
部署名【         】
ご氏名【         】

送り先郵便番号【        】
住所  【           】

======================以上メール返信ください======================

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。