セミナー

人事制度/研修内製化/人材育成/講師育成を中心に、
グローセンパートナーが皆様にシェアしたい様々なテーマでセミナーを開催しています。

2021/10/26開催

【22年度新入社員育成に向けて】 リモートワーク/Z世代に向けた新入社員育成 再設計セミナー

~オンライン化の次に人材育成/研修設計に求められる要素とは?~

日時:
2021/10/26(火) 13:30~14:30
会場:
オンラインセミナー(Web会議サービス「Zoom」を利用して実施します)
対象:
企業の人事担当者または教育研修担当者

ここ2年間で、新入社員育成は大きく様変わりし、対面集合型が前提だった新人研修の多くがオンライン化されました。目まぐるしく移り変わる社会情勢を受けつつ、どうにか対応してきた人事ご担当者の方も多くいらっしゃるのではないかと思います。来春の状況もまだ読めない部分はありますが、2020年、2021年と比べると、落ち着きを取り戻す可能性はあります。このタイミングで、改めて新入社員育成のあり方を考え直してみようとされている企業やご担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、新入社員側の状況もこれまでと変化してきています。彼らは大学時代の半分以上をリモート授業などで過ごしてきており、リモート環境への対応力・適応度はこれまで以上に高まっていますし、YouTubeやTikTokなど、各自にカスタマイズされた映像コンテンツに触れることが日常になっています。

そんな彼らに、理由もなく「新入社員研修は従来通り対面形式で実施するよ」と告げたら、どんな反応をするでしょうか?表面的には素直に従うかもしれませんが、本心では「なぜこの研修が対面でなければならないのか?」と感じているかもしれません。そして、そういった会社と新入社員のズレは、知らず知らずのうちに拡大していき、エンゲージメントを低下させていきます。

では、これからの新入社員育成をどういった観点で設計していけばよいのでしょうか?

本セミナーでは、リモートワーク時代/Z世代の新入社員育成 成功のための3つのポイントとして、これまでの新入社員育成の問題点、そしてその問題点を踏まえ、どのような再設計が必要なのか?について紹介します。

以下のようなお悩みをお持ちの方にフィットしたセミナーです。

  • 新入社員研修をオンライン化して乗り切っていたが、新入社員育成をより効果的なものにしていきたい
  • 今の新入社員が何を考えているのか・何を大切にしているのかを把握したい
  • オンライン環境下でも新入社員の成長スピードを上げたいが、具体的な育成方法が分からない
  • オンライン環境下でも新入社員の主体性を高めていきたいが、具体的な育成方法が分からない
  • スタンスや姿勢、マインドセットなどスキル以外の面をどうやって成長させていくかを知りたい
  • 現場の上司やトレーナーにできるだけ負担を掛けずに、新入社員の成長を促したい

セミナー終了後、30分対話会を行います。セミナー時には解消しなかったお悩み相談や講師への個別相談、参加者同士での情報交換などにご活用ください。参加は任意です。

お申し込みにあたっての注意事項

※同業他社の方、社労士等士業の方のお申込はお断りさせていただいております。
※参加者同士でのディスカッションやダイアログがありますので、カメラオンでのご参加へのご協力をお願いいたします。ディスカッションやダイアログにご参加されない場合にはセミナー途中であってもご参加をご遠慮する可能性がございますので、ご容赦ください。

セミナー内容

10分

チェックイン・イントロダクション

40分

新入社員育成に関するよく聞くお悩みについて

リモートワーク時代/Z世代の新入社員育成 成功のための3つのポイント

10分

まとめとアンケート記入

開催要項

日 時 2021/10/26(火) 13:30~14:30
場 所 オンラインセミナー(Web会議サービス「Zoom」を利用して実施します)
※インターネット環境をご準備ください。
※PC以外にもスマートフォン、タブレットからの参加も可能です。PC以外の端末をご利用の場合は、事前に無料アプリをダウンロードしていただく必要がございます。
※申込受付後に、詳しい接続方法や受講用URLをご案内します。
対 象 企業の人事担当者または教育研修担当者
定 員 10名
受講料 無料

講師情報

菊地 大翼(キクチ ダイスケ)

株式会社グローセンパートナー コンサルタント
大学卒業後、アルー株式会社に入社。HRコンサルティング部に所属し、法人研修の営業・コンサルティングに従事。主要クライアントとして、主に大手生命保険会社、大手証券会社、大手グローバルメーカー、大手エンターテイメント企業など、幅広く担当し、自社内でトップの売上を達成。その後、商品開発部に異動し、新規商品の企画開発業務に従事。成人発達理論を活用した研修や、オンライン研修プログラムなどを開発。
現在は、人事コンサルタントとして、成人発達理論をベースにした人材開発や組織開発コンサルティングに従事している。

ザ・リーダーシップサークル認定プラクティショナー(成人発達理論をベースにしたリーダーシップアセスメント)