社内研修支援サービス

企業経営論(基礎編)

一般社員向け

中堅社員, 次世代リーダー, 若手社員, ビジネス知識の習得, マネジメント力の強化,

企業経営の基礎を学ぶ研修です。ステークホルダーの関係・経営理念・戦略論・組織論など、基礎として押さえたい内容を網羅しました。演習を行い、経営理念と自分の行動を結び付けたり、自社の戦略と自分の行動を結び付けたりすることより、視座を高める・視野を広げることができるように設計しています。
若手・中堅社員に研修を受けてもらい、そこからビジネス書を読みながら経営スキルを高めるスタートの研修にして欲しいと考えています。

企業経営論(基礎編)

研修のねらい

企業経営論の基礎を学ぶことにより、経営感覚を持ち、高い視座で仕事に取り組む姿勢を養うことを目的にしています。企業活動をステークホルダーとの関係と外部環境と戦略の視点で、組織活動を組織の視点で解説します。企業の全体像の理解と、全体像と自分との関係を整理しながら進めていきます。

研修のゴール

  1. 企業を取り巻くステークホルダーを理解して、ステークホルダーとの関係強化に向けた施策について理解を深めます。
  2. 経営マネジメントとして、経営理念・ビジョン・戦略などの理解促進と、それらと自分との関係性を整理します。
  3. 企業活動と現金の流れを理解することで、自社のビジネスを客観的に分析する力を養います。
  4. 組織構造の基本原則・種類などを理解するとともに、自社の組織形態を分析し、俯瞰して捉える力を養います。

カリキュラム

内 容 形 式
企業活動を理解することの意義 / 企業活動とは何か 講義・演習
ステークホルダーとの関係 講義・演習
企業戦略の全体像 / 経営理念とは 講義・演習
外部環境変化の対応 講義・演習
戦略の立案(競争戦略) / 戦略の立案(経営資源配分) / 機能戦略の立案 講義・演習
企業活動と現金の流れ / 組織構造の設計と種類 講義・演習
企業経営論(基礎編) 研修のまとめ / 理解度チェック まとめ・演習
所要時間 合計6時間
講義の難易度 ファシリテーションのスキルが必要です